FX

FX 外国為替 資産運用

FXで資産運用【FX投資法】

banner 外国為替の通貨取引市場

為替市場での取引は、米ドルとユーロ、日本円の3通貨が圧倒的なシェアをもっており、その割合は3通貨合計で約70%となっています。また、この3通貨のシェアはおよそ10年前と比べても⼤きくは変わっていません。このため、為替相場は、各国のそれぞれの要因で変動するケースもありますが、多くはこの3通貨の動向、特に米ドルの動きに影響されるといえそうです。

外国為替市場は銀行同士が通貨を売買している「インターバンク市場」と、銀行と個人や一般企業などが通貨を売買している「対顧客市場」の2つに分けられます。
インターバンク市場では、取引したい人同士が直接取引しています。対顧客市場では、銀行が売買を仲介し、個人や企業などと取引を行います。

外国為替為替取引は何ですか。

異なる通貨を交換するインターバンク(銀行間取引)の外国為替市場が世界各国に存在しています。
これを、一般的には東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場などと呼び分けていますが、それらの市場は個々に独立したものではなく、あくまでもその時間帯の金融の中心都市名を借りているにすぎず、東京証券取引所のように集中した場所で取引するものではありません。

外国為替市場の仕組み

通貨の単位は国・地域により異なるため、私たち個人が海外旅行に行ったり、企業が海外の企業と取引したりするとき、日本円と他の国の通貨を交換する必要があります。ある国の通貨を別の国の通貨と交換する際に適用される「1ドル=100円」「1ユーロ=140円」といった交換比率のことを「外国為替相場(外国為替レート)」といいます。

為替相場の動きは新聞、テレビ、インターネットなどで知ることができます。例えば日本経済新聞では、朝刊1面の左下に前日の終値(おわりね)を掲載しています。終値は普通、市場が閉まったときの相場を指しますが、外為の取引は24時間行われているので厳密には終値は存在しません。ただ、午後5時にはほとんどの取引が一段落するので、この時点での値を便宜上、終値として扱っています。

インターバンク市場

株の場合と異なり、通貨は銀行をはじめとする金融機関どうしで買いたい人・売りたい人が電話やネットを通じて連絡をとりあい、取引(交換)を行っています。これをインターバンク市場(銀行間市場)といいます。通常、このインターバンク市場を外国為替市場と呼んでいます。そして、わたしたちは、このインターバンク市場に参加している金融機関を通じ、通貨を交換します。この通貨交換を為替取引といいます。

金融機関間において短期資金の貸借が行われる市場のこと。市場参加者は金融機関に限られる。金融機関の日常の営業活動から生ずる短期資金の過不足の調整機能がある。金融機関間の資金偏在調整や、日銀による市中金利水準誘導等の場でもある。インターバンク市場にはコール市場と手形(売買)市場がある。コール市場とは、翌営業日が期日決済日となるオーバーナイト物(翌日物)を中心とするごく短期の資金取引の市場。

資産運用ニュース

            

おすすめFXサイト

FX FX会社の比較サイト。人気のFX会社をランキングで紹介。FX会社のキャンペーン情報も満載。

FX FX比較
FX ここを見ればFXがわかる。FXの基礎が学べて、FX業者比較までできる

FX プロが選ぶFX会社
FX FXの手数料無料の業者一覧。FXを始めようという方はどうぞご覧になってみてください。

FX FXで手数料無料の業者比較
Copyright(c) 資産運用としてFXを考えています All Rights Reserved.